エアコンのつけっぱなしが良い!?夏場の電気代を効率よく節約できる方法とは!

世界の経済悪化により、日本で暮らす私達の生活も、年々冷え込む一方ではないでしょうか。
今まで外食を重ねてきた方も自炊が多くなり、また私達に欠かせない洋服も、
有名ブランドから低価格のショップでの購入と、日々節約生活を強いられているわけです。
そんな生活の中で、できれば出費を抑えたいのが、生きていくために必要な「電気代」。
特に、地球温暖化のせいでしょうか、毎年異常な暑さを経験する夏の季節は、
熱帯地域でない日本でも、冷房設備なしでは生活が困難な状況まで到達しています。
そんな命の危険もある高温から身を守る手段として、多くの皆さんが利用しているもの。
それは、エアコンや扇風機といった電化製品だと思います。
近年では、エアコンのつけっぱなしが節約になるという説も飛び出していますが、
実際のところはどうなのでしょうか。
電気代節約19

まず、エアコンを利用しての電気代を考えてみたいと思います。

エアコンに限らず、電化製品とは電源を入れた立ち上がりの直後が、
一番電気代がかかると言われています。
そのため、エアコンに関しても、お部屋が冷えてきて温度が安定してくると、
エアコンの運転も弱くなることで、当然電気代も少なくなります。

電気代節約20
電源を入れ始めたフル運転時は、1時間当たり20円強というエアコンの電気代。
しかし、温度が一定になってエアコンの運転が弱くなると、1時間当たりの電気代が、
5円以下まで下がる場合があると言われています。

このことから、近所に買い物に行ってから、30分前後で帰宅するような場合は、
エアコンをつけっぱなしで外出した方が、電気代は断然お得になるわけです。
とにかく、オンオフを繰り返さないこと!
これが、エアコンの電気代を節約する最大のポイントになります。

 

しかし、いくらエアコンを弱で運転しても、やはり扇風機の電気代の安さには敵いません。

当然安いと思っている扇風機の電気代ですが、強風で運転しても1時間当たりは1円前後!
この数字には、本当に頭が上がりませんよね。
仮に、お部屋の空気をより快適に循環させるために、
扇風機よりも強力で、遠くまで風を送ってくれるサーキューレーターをプラスしても、
1時間当たりの電気代はたったの2円。

今や、毎年猛暑日が続く夏場には、一家に2台の扇風機がお決まりになりそうです。
電気代節約21
そういいましても、30℃以上で高温注意報が発令されるような日は、
体への影響を考えて、エアコンの使用は必要不可欠でもあります。
温度設定を高めにすることで、電気代の節約を期待できるというエアコン。
更には、扇風機やサーキュレーターを併用
することで、
お部屋の冷気を循環する効果があることは、今の時代の常識になりつつあります。
電気代節約22
テレビやネットニュースでも、熱中症や高温注意報が発令されるようになった現代。
電気代が格段に安い扇風機などをフル回転させて、

暑さが厳しい時間帯はエアコンを使用することがとても重要になってきます。
こうして、自宅にある冷房機器を上手に利用しながら、
毎月の電気代と体に優しい節約を、ご家庭で目指してみてはいかがでしょうか!