節電するための血の2か条

今年も暑いですね!
一人暮らしの方も、またそうでない方も、暑い時期寒い時期気になってくるのは、やはり電気代でしょう。
水やガスと違い、家にいる間四六時中使っていなくてはいけないこの電気代というやつは、いつも家計に圧力を加えてくるクセモノですよね!
今回は、そんな電気代のあんちくしょう!を、出来るだけ快適に過ごせるように注意しつつも節約していける、そんな素敵な方法を紹介します。

 

1 冷暖房はつけっぱなしが一番!

電気代節約25
のっけから「節約する気あるの?」と言いたくなるような文言ですが、いいえ本気です。
冷暖房をはじめ、電子機器の多くはいわゆる「起電力」が、もっとも電気代を必要とする瞬間なんです。これは電球やパソコンなども同じです。
つまり、世間一般に言われている「こまめに電源を切ることがいいのよ」という”常識”は、常識はずれなのです。
だまされたと思って、つけっぱなしにしてみてください。かなりの違いが生まれるはずです。比べるのは難しいと思いますが…。

 

2 いっそ家から出てしまう!

家にいるから電気代がかかる。それなら外に出ていればいいのだ!
なにも晴天の中海に行って遊びまくってください、というわけではありません。図書館や市民会館など、無料で開放されている施設は日本全国たくさん存在します。
図書館であれば、ネット環境が整っているところも多いでしょうし、何より冷房が効いています。
電気代節約26
ちょっと図書館にいるのが飽きてきたころ、一汗かきながら家に戻り、シャワーに入りおいしいお酒、ジュースをグビッ!
こういう生活も、楽しくていいと思いますよ。

 

また、家電量販店や大きな電気屋さんもおすすめです。

精密機械が売られているが故、店内はいつだってヒンヤリしています。普段はあまりお目にかからない、珍しい器具や、前々から欲しかった素敵なグッズが、もしかするとお邪魔したときに安売りになっているかも?
電気代節約27
それに、ハイテクな製品を見ているとそれだけで楽しいものです。

 

いかがでしたか?2つしか紹介はしていませんが、特に後者はうまくいけば日中の電気代消費を大きくカットしてくれます。
無理のない範囲で、楽しく節電ライフをおくってみてください!